タオルのこと

どんなタオルが好きか…

こんにちは。丹後です。

冷たい雨が上がって、今週はとても春らしい陽気ですね。

今治でも今週末にはお花見日和となりそうです。

 

さて、タオルのお話を少し。

私たちの町今治では、タオルの町といわれるだけあって、どの家にもたいていタオルがあふれています。ただ、それゆえ私は恥ずかしながら、自分でタオルを選んで買ったことがありませんでした。要するに、そばにあるのが当たり前すぎて〝自分はどんなタオルが好きか″や、〝それぞれタオルにはどんな違いや良さがあるのか″などと、全くもって考えたことがなかったのです。

そんな私がタオルを知るために、まずしたこと。それは手当たり次第たくさんのタオルに触れてみて、そして使ってみることでした。すると、少しずつではありますが、自分のタオルに対するこだわりが見えてきたのです。

 

・お風呂上がりのタオルは、とにかく柔らかいのが好き

・触ったときには感動したのに、洗濯したら印象の変わるタオルは嫌

・子どもはバスタオルが好き。でも、自分はフェイスタオルが好き。

・定番の白もいいけど、漂白剤を使わない我が家ではどうしても色がくすむ。

・タオルの色にひかれて、売り場に引き寄せられてしまったこともある。などなど…。

 

タオルは生活の中に溶け込む必要があると私は考えていて、だからこそ気を遣わずにたくさん使うし、多少荒い使い方もする。分けて洗うこともしない。(大きな声では言えませんが、洗濯はほぼ100%乾燥機です)ワーキングママとしては時間効率もすごく大事で、そんなバタバタな私の日常に馴染んでなお、本当に使いやすく、気持ちのいいタオルこそが1番だと考えているのです。こんな私だからこそ、思いました。

 

“自分が本当に使いたいと、良いと思うタオルじゃきゃ、お客様に自信をもっておすすめなんてできない!!”

 

つくり手である前に、自社の製品に対して1番わがままな消費者です(笑)だからこそ、今自信をもっておすすめできるOLSIAというブランドを作ることができたのだと思っています。私のタオルに対するドタバタな歴史。ちょっと書いて見ました。ぜひ、そんな私たちの作るOLSIAのタオルに触れてみてほしいです。