タオルのこと

もったいない

こんにちは。丹後です。

少し朝晩が冷える日もありましたが、風邪などひかれていませんか?

雨が降るとやっぱり冷えますね。

私もまだまだあったかいスリッパが欠かせません。

 

さて、今日は工場のお話。

細い細い1本の糸からタオルが作られているお話は

これまでもさせていただきました。

あんなに細い糸の1本1本を、本当に大切に扱う職人さんたち。

いつも見ていて関心してしまいます。

切れては繋ぎ、切れてが繋ぎ。

ほんの小さなことを大切にして

そしてその小さなことにも気を配れるからこそ

あの優しい風合いが生まれるのだなぁといつも思います。

 

そして、そのように小さきを大事にするところは

先人の方々の機会の開発にもちゃんと現れています。

これは、少しづつになった糸を

また大きな玉へとまとめ上げてくれる機械。

少しだから、端数だからと捨ててしまうのはもったいない。

そういう気持ちから生まれた宝のような機械。

すごいでしょ??

どんな小さなことも根気よく

目配り、気配りして作る私たちのタオル。

優しくならないはずはないのです。