タオルのこと

贈りたい気持ち。

こんにちは。佳代です。

蒸し蒸しと寝苦しい夜が続きますね。

梅雨なのに、なかなか雨が降らなくて少し心配です。

 

今日はとてもうれしいことがありました。

贈ったのはタオルだけれども、

届けたかったのは気持ち。

 

誰よりも人を想い、気遣い、

しんどいとも、苦しいとも気軽には口にできないだろうと思う。

でも、いつも笑顔で柔らかな人。

私は本気で、この人に癒しを、安らぎを贈りたいと思った。

独りよがりかもしれない。

届くかなんてわからない。

それでも、タオルでしあわせを届けられるということを

誰よりも共感しあいたい相手だったから。

 

それがちゃんと届いたのだと分かって

本当に本当に涙が出るほどにうれしかった。

私はこのタオルにかかわる仕事を初めてからずっと

タオルでしあわせを生み出したいと思っている。

 

OLSIAのタオルを通して

使っていただく方の日常に癒しを、しあわせな瞬間をお届けしたいと思っている。

 

そして、自分が本当に良いと思うものをギフトとして贈ったとき

「本当によかったよ。ありがとう」

と贈った方から言われたとき、心はしあわせなハグをするのだとみんなにも感じてもらいたい。

人と人は想いでつながることができる。

OLSIAがお届けしたいのは気持ち。

優しいタオルに触れれば、自然と優しい気持ちになる。

 

しあわせを織りなすタオル

OLSIA