タオルのこと

お客様との出会い

こんにちは。佳代です。

おかげさまで今は催事に忙しく飛び回る毎日です。

催事での私にとっての魅力は、たくさんのお客様に出会えること。

インスタを見てきました!

OLSIAを触ってみたかったんです。

などなど、お客様からお声をかけていただけることも多くあります。

素敵な出会いから、また勇気をもらうことも。

 

二子玉川の玉川髙島屋さんでの最終日。

今日は1組のご夫婦に会いました。
ご夫婦はバスタオルを探しておられ
お声かけをして一緒にタオルを
選ばせていただいていました。
.
大きめのサイズをご希望で
色々とお話をしながら、
扱いのしやすそうな薄めのタオルに
決めようかしら…となったとき。
ふと、私の話になりました。
.
私、実は今治のタオル工場から来てます。
私たちの工場の話や作っているみんなのこと。
そして、今日が催事の最終日…と話をすると、
ご夫婦は私たちのつくるタオルも見たいと
おっしゃってくださいました。
.
そして、そのタオルを広げたとたん。
旦那さまが
「なぁ。これも縁やから。 タオルくらい贅沢してもええやろ? このタオルに変える」
と、急におっしゃったのです。
.
私は自分のことは明かさずとも
OLSIAのタオルも見せてはいて
でも、お2人のご希望にそうものはどれか…
ご予算、手触り、軽さ。
お2人をしあわせにできるタオルは??
と考えを巡らせながら、タオルを選ばせていただいていたので
思わず「本当にいいんですか?」
と言ってしまいました。
.
だってOLSIAのタオルは
買おうとされていたタオルの何倍も高い。
でも、お2人はニコニコ笑って
「これが使ってみたいんや」
「なんか毎日明るい気持ちになる色やろ?」
といってくださったのです。
.
ご夫婦2人の優しさ、心遣いに
本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ありがとうございます。
.
タオルでしあわせを届けたい!と思っていた私たちは
たくさんのお客様からしあわせを頂いている。
なんて、しあわせなことやなぁと
また改めて思った1日でした。

しあわせを織りなす100年タオル
OLSIA